自動車保険一括見積の前にチェックしておきたい豆知識1 - 生活費の節約に有効な自動車保険一括見積のご案内

生活費の節約のために自動車保険一括見積による比較と見直しで自動車保険料を2〜3万円安くしたい

自動車保険一括見積を取るタイミングはいつ?

インズウェブ自動車保険一括見積もり
今入っている保険の満期の2〜3ヶ月前であれば見積りできます。
インターネットの一括見積などでは見積りを依頼してから数日以内に見積りが送られてくるので満期の1ヶ月前から準備しておけば十分です。

今年一番安かった保険会社が来年も一番安い?


自動車保険料は、今年一番安かった保険会社が来年も一番安いとは限らないので毎年見積りを取る事が基本です。




          公式サイトで確認  

加入条件で保険料に大きく影響する主なものは?

自動車保険見積もり
@ 車両保険を付けるかどうか
A 人身傷害保険を付けるのかどうか
B 特約をどうするか
これらが決まれば、後は一括見積(無料)という強力な助っ人が待っています。

おさえておきたい補償「人身傷害保険」とは?

搭乗者の死傷に対して、実際の補償額を算出して過失の割合に関係なく保険金が支払われる保険です。
言い換えると自分自身と搭乗者のケガなどを補償する保険です。
自動車保険の中でも、非常に大切な補償になります。
人身傷害保険があれば、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険は不要です。
最低保険金額は3,000万円で、無制限までかけることができますが3,000万円と5,000万円では保険料に
大きな差はありません。契約している車に乗っている時だけ補償するように限定することで保険料を抑えることができます。
また、通販型自動車保険だと、示談交渉力に不安を感じる人もいるかもしれませんが、そのようなは人は人身傷害保険をつけておけば安心です。

                                           公式サイトで確認

ファミリーバイク特約とは?

自動車以外に125CC以下のバイクを所有している場合にバイク単独の保険に加入しなくても、
ファミリーバイク特約を付けることでバイクの補償も保持できます。
ただし補償範囲は、対人賠償保険・対物賠償保険・人身傷害補償保険となりますが、自動車保険に
よっては人身傷害補償保険までカバーされていないこともあります。このあたりは個別に注意して確
認する必要があります。

割引になる特約は漏れなく附帯する!

インターネット割引や運転者限定割引、ファミリーバイク特約等があります。